2016年8月16日火曜日

[法務]成人年齢を18歳に引き下げる民法改正案を国会に提出する流れ?

成人年齢18歳に引き下げへ 政府が民法改正案を来年の通常国会に提出 by 産経ニュース
http://www.sankei.com/politics/news/160815/plt1608150017-n1.html

選挙権年齢の引き下げに引き続き、民法の方でも成人年齢を18歳に引き下げる具体的な動きが出てきたとのこと。

僕がザーッとネット上の反応を見ている限りでは、賛否は割れているか、否定的な意見の方が多いか…といった感じでしょうか。


大きなお金は持っていない年頃とはいえ、「様々な権利行使の主体になる」ということで、実質的にどの程度の影響があるのかなぁ…と興味深く動向を見ているお話ではあります。

もし、「成年者ではあるもののまだ働いていない(→所得が低く、親世代に生計を頼っている)状況の者が、返せるアテもない債務を抱えてしまい(※)、結局親御さんが返済…」的な話が増えたりしたら、何のための成人年齢引き下げなのか…となってしまいますが、果たして現実はどうなるでしょうか。

※書いてる間に思い浮かんだ具体例は、スマホゲームなどの重課金。消費者金融などからの借金までは行かずとも、これはやってしまうだろうなぁ、と。

その世代の考えや感覚はもう僕には分からない(来年で早くも三十路!!)ので、将来予測についてはノーコメントですが、”嗅覚鋭い”業界からは狙われるんだろうなぁ…ということはほのかに想像している次第です。