2016年8月29日月曜日

[財務経理]紙の領収書をデータ化してタイムスタンプを押してくれるサービスが公開

スマホ対応クラウド経費精算サービス「Dr.経費精算」、税制改正に対応したタイムスタンプ版を公開 by TechCrunch Japan
http://jp.techcrunch.com/2016/08/29/dr-keihiseisan-2/

現金等で支払った経費の証拠書類(いわゆる「レシート」や「領収書」)の保存について、一定の条件を満たせば電子データで保有・保管できることはご存知の方も多いと思います。

その「一定の条件」が緩和される最近行われた税制改正について、早速対応したクラウドサービスが公開されたとのことで、TechCrunch Japanさんが取り上げておられます。


レシートや領収書の管理・保管(そして、会計記帳作業も…)というのは中小企業にとってそれなりのコスト(時間や労力はもちろん、精神的なコストも!)がかかるもの。

それをITの力で下げられるということは、率直に歓迎すべきことだと思います。


ちなみに、公式サイト ( https://www.keihi.com/ )に飛んでみると、
熟練のオペレーターが領収書入力を代行します。
とありますが、これ、向こう側には”中の人”がいて、結局は人力で作業するのね…とか思ったり。

…となると実質的には、「領収データにタイムスタンプを押してくれる記帳代行会社」といったところになるでしょうか。
Dr.経費精算で作成した経費データを、主要会計ソフトに登録できます。
とある通り、(当たり前のことではありますが)主要会計ソフトにそのまま取り込めるという基本的なことにきちっと対応している点は十分評価できると思います。


ちなみに、僕自身が利用する(&お客さんたちにオススメする)かどうかはまだ微妙なところ。

入力自体を人力でやっているならそんなにメリットない(うちに依頼してくださっているお客さんたちにとって、現状とコストはほぼ変わらない)ですしね…。

小規模事業者にとっては、「領収データにタイムスタンプを押してもらえる(=月額1,000円程度で紙の領収書を捨てられるようになる)」ということについて、どの程度のメリットを感じられるのかどうか?という点が導入するかどうかの判断基準の一つとなりそうです。