2016年10月11日火曜日

[閑話]「自分なりの哲学」があるって大事だよね、というお話

皆様お疲れ様です。子供が生まれて外に出られるようになったら、いの一番にカシマスタジアムに連れて行きたい鹿角至上主義なにったです。

こうやって1人1人、地道に鹿島アントラーズサポーターを増やしていくんや…!!

地域的に、ガンバ大阪サポーターやセレッソ大阪サポーターに囲まれる(であろう)と思われますが、そのあたり我が子には色々と強く生きてほしく思うところであります。


さて、本日の記事なのですが、執筆予定日である昨日月曜日に妻が陣痛と戦うことになりまして、そちらの方にずっと付き添っていたために全く書いていない(※現在、投稿予定時刻30分前時点)という状況でございます。

…という訳で本日は、本ブログでは初めての閑話というものを書いてみようと存じる次第です。

(ちなみにワタクシめ、閑話をテーマに文章を書くことほど苦手なものはありません。

駄文&オチのない文章になりそうな気がして仕方ありませんが、怖いもの見たさでお付き合いいただける方は最後までどうぞよろしくお願い致します。)


…そう、ワタクシめにも子供が生まれたのですよ、子供が。可愛い可愛い初めての子供です。

いざ生まれてみると「おお、我が娘よ!」という感じで、一気に「父親になったんだなぁ」という実感が湧いてくるものですね。

まぁ、妻がつわりで苦しんでいても、妻のお腹が大きくなっても、全く実感が湧かないという、「父親としてどうなんだ…」状態で過ごした10ヶ月間は何だったんだ…というのも率直な感想でありますが。

「父親」としての先輩である方々に「実感湧かないんですよねー」と言うと、全ての方から「生まれたら実感湧くよ」というお返事を頂戴しましたが、まさしくそうだったということで、さすが先輩方の経験談だなぁとも密かに感じているところです。


しかし初めての子供が娘ということで、その生態は全然分からんものですね(僕、男ですしね…)。

大人の女性の気持ちすら分からないのに、小さい女の子の気持ちなどさらに分かる気がしないということで、そのあたりは既に諦めの境地に入っているところ。

また、15年後には「お父さんの後にお風呂入りたくない!」とか言われちゃうんだろうなぁ…などという現実と向き合いながら、可愛い間に目一杯愛でておきたいなと思っているところでもあります。


ちなみに、現時点で「育児」や「教育」に対して「これ!」という考えはありません。せいぜい、娘のやりたいことをやらせてあげて、ノビノビと育ってくれればそれが一番―といった程度ですね…。

まずは健康に、そして警察のお世話になることなく育ってくれたらそれで良いよ、と。あとはどうにかなる。こんな僕ですら何とかなってますからね。

ただ、できれば、「獲った魚を与える」のではなく、「魚の獲り方を教える」ことをしたいですし、さらに言えば「魚の獲り方を自分で考える」ようにしてあげられたら良いな…とは仄かに考えているところです。


あとはやはり、「献身・誠実・尊重」の精神は何らかの形で伝えてあげたいなぁ。

そう、我らが鹿島アントラーズのアイデンティティ、我らがジーコの教え!

これは僕自身の座右の銘というか、いついかなる時もこう在りたいという人生のテーマみたいなものであるのでね…。

大人になった時にこの3つさえ身に付けられていたら、大概のことは何とかなるよ、我が娘よ、と。

ここはひとつ、僕なりの「魚の獲り方を自分で考えるための基準・指針」ということでご理解をいただけるとありがたいところでございます。


そういえば、経営者や事業者って、こういう、「自分なりの哲学」を心に持っている方が結局は強い気がします(僕自身が強いかどうかは置いておきましょう)。

その哲学に合うことだけやる。合わないことは絶対にやらない。

「経営(判断)」というのは、やることを決めるのではなく、やらないことを決めることだと思いますが、おそらくは自分なりの哲学がある分、その判断基準が明確に整理されているということだと理解致しているところです。


我が娘にも、いつかは何らかの形で、「人生の哲学」を持ってほしいなぁ。

そして、それが「献身・誠実・尊重」だったらものすごく幸せな限りだなぁ。

(まぁ、持つのは本人なので無理強いはしないというか、自分で考えて自分で決めてね、というのが一番にありますが。)


とりあえず、まずは我が家のマスコット・しかおくんを使って、娘が鹿島アントラーズに興味を持つところから始めねば…!!

しかおくん、頑張っておくれよ…!!


しかお「らじゃ!!」


P.S. あ、ちなみに、こちらでは娘の育児とか教育みたいな話はあまり書かない予定でおります。

そういった話題はそれ用のブログを作りました(ちゃんと更新するかどうか分かりませんがね…)ので、ご興味のある方はぜひそちらもフォローいただけると嬉しく存じます。

【鹿角至上主義!!な(零細)経営者の育児&教育備忘録】
https://tn-ikujikyouiku.blogspot.jp/