2016年10月29日土曜日

[経営戦略/経営計画][個人事業]いよいよ人口減少時代に突入!その時小規模事業者はどう動くか?というお話

皆様お疲れ様です。体格(身長)も小規模なにったです。

小学校でミニバス、中学校ではバスケ部に所属していましたが、ポジションはもちろんずっとポイントガード(せいぜいたまにシューティングガードで出るか出ないか…という感じでやらせてもらっていました。)。

サッカーをやるようになってからはフォワードをやったり、ボランチをやったり、サイドバックをやったり…と色々とやらせてもらいましたが、やはり十分な体格が必要なセンターバックだけはやったことがない。

日常生活に身長などなくても全く問題ありませんが、スポーツはどうしても身体的な有利不利が出るもんだよねぇ…などと密かに感じ続けた思春期を過ごした次第です。


【ついに日本の人口が減少。1920年の調査開始から初~平成27年国勢調査 by HOME'S PRESS】
http://www.homes.co.jp/cont/press/report/report_00143/

「少子化」と「高齢化」が同時に起こる状態が長年続いていたこともあり、あとは時間の問題だけとなっていた、日本の総人口が減少していく時代の到来。

僕は、いよいよこの時が来たか、むしろよくここまで時間を稼げたな、といった感覚を持っているところですが、皆様の感覚ではどういった感じでしょうか。

(ここからどの程度のスピードで人口が減少していくのかは、次回以降の国勢調査なり何なりで把握されることになります。

こちら、経営者・事業者としては、継続してチェックしながら頭の片隅に置いておきたいデータとなりそうです。)


さて、「人口が減少すること」ということについては軒並み、どこを覗いてもネガティブなお話ばかりが並んでいるような感じですね。

まぁ、日本国内の”消費者”が少なくなっていく…つまり、国内市場の規模が縮小していくことを意味しますし、ある程度は仕方のないことなのかな、とは思うところです。

…が、僕としては、ただただ悲観的になるだけでなく、「そうやって国内市場が縮小していく中でどういったポジションを取るか?」といった視点で考える方が、経営者・事業者として建設的ではないかと感じるんですよ。


色々な面でこれまでの「やり方」というのは、「市場が拡大する、またはせめて現状維持されること」が前提だっただけに、色々と変えていかなければならないところが出てくると思います。

例えば、組織の大きさを縮小化したり、商品やサービスの顧客ターゲットを変えたり、収益構造を変化させたり―といったことが考えられますが、対応策はその組織によって千差万別。

このあたり、ぜひご自身で考えを整理してみていただければと思うところであります。


某小泉進次郎氏が少し前に、
「毎年(人口が)減り続けることを悔やむ発想から早く飛び出して、減る中でもやっていけるという成功例を生み、人口減少でも大丈夫だという楽観と自信を生むことが大事。」
という発言をされましたが、まさにこの考え方があらゆる物事において重要になってくると考える次第。

(参考)
【「人口減を悔やむ発想から早く飛び出せ」 自民・小泉氏】
http://www.asahi.com/articles/ASJ9X516BJ9XUTFK00F.html

『「現実的楽観主義」が経営者・事業者としてバランスの良い考え方』とはよく言われることですが、まさにこのことですね。


おそらく今後数十年は、少子化と高齢化の同時進行が止まることがない…これは僕が言わずとも誰しもが把握している自明の理。

いつも言っていますが、変化の激しい時代というのは、小規模事業者の小回りの良さを活かしやすいと考えております。

そういった環境に対してどういった経営を行っていけるか、経営者・事業者としてはここからまだまだ腕の見せ所です。

僕は、小規模事業者にとって面白い時代になっていくのではないかと感じているところなのでございます。