2016年12月10日土曜日

[個人事業][起業・開業]経営者(事業者)としての判断や決断の質って私生活の充実と相関するよね、というお話

皆様お疲れ様です。結婚記念日にかこつけて好感度アップキャンペーンを展開中のにったです。

…とドヤ顔で言いたいところなのですが、好感度がアップするようなネタが特にないんですよね(娘の育児は基本的に妻任せ・妻のためにこういったことをした―とかも特になし。)。

という訳で、文末のお話はそのような人間がささやかに(&必死に)妻に感謝の意を示したんだな、という感じで生暖かくお見守りいただけますと幸いに存じる次第であります、


【経営と夫婦関係 by 富裕層戦略 建築コンサルタントBlog】
http://ameblo.jp/hurdling/entry-12226809067.html

こちら、「企業の経営状態の良し悪しについて、経営者の夫婦関係の良し悪しと相関関係が成立する」という説を唱える記事となっております。

この説については、僕も筆者と同じく、「相関関係がありそう」と感じているところでございます。

(独身者に関しては、「恋人がいる場合はその恋人との関係、恋人がいない場合は親御さんや兄弟姉妹間など家族との関係」と言い換えて概ね問題ないと思います。)


ちなみにこちら、決して「配偶者(独身者に関しては、恋人、親や兄弟姉妹)がいること自体」が大事だという意味ではありません。

上記URL記事内の言葉をそのまま借りますが、
人間、仕事と私生活とを切り離すは出来ない。
ましてや社長ともなれば、人生共々一心同体となる。
ということに尽きるというお話なのでございます。

つまり、私生活が良好な状態を保っている・安定している、ということが、仕事にも良い影響を与える(少なくとも、悪い影響を与えない)ということを指している訳です。


仕事と私生活を完全に切り離しきれる方はそれほど多くないと思います。

僕自身、私生活がゴタゴタするとどうしても仕事に集中できなかったり、判断や決断を明らかに誤る…ということが出てきてしまいます。

(もちろん、ひとたび仕事に入れば、感情やテンションによる自分自身の脳の状態の上がり下がりをできるだけ抑えるように取り組んでいます。その上で、それでも、ということですよ。)


経営判断や経営決断というのは基本的に、「頭はクールに、心は熱く」ということが最も重要なのでして、「頭がヒートアップ」したり「心が冷めたり」しては、良い判断・決断ができないものなのですよね。

そういったあたりから、私生活が良好な状態である・安定している、ということは、「頭はクールに、心は熱く」という状態を保つための必要条件の1つではないかと考える次第なのであります。


…という訳で、良好な夫婦関係を維持・さらに発展させるため、結婚記念日である本日(※執筆時:12月9日)、妻とともに食すケーキを買ってまいりました。


余談ですが、我が家の結婚記念日はポアールのケーキと決まっております。

今年も美味しくいただきました。1年でも長く妻と共に美味しく食せますように…!