2016年12月22日木曜日

[法務]法律問題が法律論の問題でなくなってきているよね、というお話

皆様お疲れ様です。2016年も残り10日ほどというところまでやってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

僕の方はここからが繁忙期、ちょっとばかし気合いを入れなければ作業に邁進しきるのが難しい季節ということで、「作業用BGM集・乃木坂46」というブーストをかけてランナーズハイを意図的に作り出しながら粛々と日々を過ごしているところであります。

全ては元日、鹿島アントラーズが吹田スタジアムで天皇杯を掲げるところを観るために…!(※吹田スタジアム現地に行くことはできませんが…。)

…こんなワタクシめが書く本ブログ、年内の記事更新は残り5回ほどとなりましたが、最後までお付き合いいただけますとありがたく存じております。


【ノンスタイル井上のやらかし事故と謝罪のゆくえ by やまもと いちろう オフィシャルブログ】
http://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/13099750.html

ITが発達しSNSが広く浸透してきた昨今、「やらかし」に対する世間の目の厳しさというのも年々高まっているような感覚を持っております。

時折、「それって私刑じゃないかな…」と思うような程度の”制裁”を加える案件も見受けられますし、また「法的にはOK(少なくとも明確に問題があると言い切れない)」であるにも関わらずそういったことになるケースも往々にして見受けられますからね…。

このあたり率直に、過失(より正確には、無重過失)に対してより敏感にならなければならなくなったという点、本当に難しくなったなぁ、という感想を持っていたりするところです。


そういった中で、企業(や一定以上の知名度を持つ個人)が「やらかした」際に適切に対応できるかどうかというのは、それが致命的な問題へと発展してしまうか、再始動を許容してもらえるかという、なかなかに重要な能力となってきているように感じます。

分かりやすく呼ぶと「謝罪の技術」ということになるのでしょうが、具体的には「(ネット上を含めた)消費者たちの感覚をどう読み取り、どう対応(謝罪や事故後の処理など)するか」という技術やノウハウということになると思います。

(誠実に物事を進めるということがベースである、というのはわざわざ言うまでもなく大前提ですけどね。)


具体的に対応をするのは、対外的な事柄ということで概ね広報担当、法律問題が絡むと広報と法務との共同担当といったところでしょうか。小規模事業者だと、経営者・事業者が自ら担当するかもしれません。

ただ、どの専門分野の担当者が対応するのか、そして法律問題が絡むと絡まないとに関わらず、法律論だけでなく広報的観点、さらにはマーケティング的観点といった、複合的・幅広い視点での検討が必要だと考える次第です。


ちなみに、これについてはAIでの対応や自動化というのが(現時点では)難しそうに思いますし、法務系の人間が生き残るためにはこういった道もあるんじゃないかなと仄かに感じていたりします。