2017年1月31日火曜日

「パラレルキャリア」促進の流れはどの程度確かなものになっていくでしょうか、というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/1/31)

皆様お疲れ様です。どの組織でも「そろそろ財務のおじさんに怒られそうやから(財務面で)無茶するのは自重するでー」などと言われる「財務のおじさん」にったです。

これまで(おそらくは)1度も怒ったことはないです(記憶にないだけかもしれませんが…)し、もちろん恐い人間でもないのですがね。ボクコワクナイヨー。

まぁでも、あまりにも無茶をしすぎて失敗したら致命的な問題になりやすい「財務」を預かる者としては、これくらいの印象を持たれるくらいでちょうど良いのかもしれませんね。

少しは箔というか、そういうものが付いてきたということでしょうか。そうであるならば、この上なく喜ばしいことでございます。


━━━━━━━━━━━━━━━
実際に小規模事業者として会社経営をしている方の「パラレルキャリア」に関する生の声を聞く(記事を読む)につけ、「やはり、小規模事業者にとって良くも悪くも注目せざるを得ない話なんだな…」という感覚が強くなるところです。
大きな変化はこれからでしょうが、それまでの期間においては我々のような小規模事業者は、一部の副業解禁企業であったりフリーランスの人たちとうまく連携しながらビジネス価値を創出する工夫が必要な気がしています。
ということで、人材確保に悩む事業者にとっても、請負メインで収益をあげ、その案件受託数の維持・拡大に悩む事業者にとっても、どちらにも一定の影響があるお話と想定した上で上手く流れに適応していきたいものです。

【副業解禁に零細企業経営者として期待すること、懸念すること by 平凡でもフルーツでもなく、、、】
http://blogs.itmedia.co.jp/yasusasaki/2017/01/post_45.html


━━━━━━━━━━━━━━━
あくまで個人的な感覚ですが、資本力のある大組織が業務の全自動化を進めるということに対して、「優秀な人材確保のため」という印象はあまり持っていないんですよね。

「優秀な人材のみで、どうしても人が行う必要のある業務のみに、人を介在させたい(→その他の業務にはできる限り人を使わず、固定費を抑制したい)」という本音を持っているのかどうか、深読みをしてしまいたくなってしまう次第であります(それとも、某Amaz●n社のやり方を見慣れてしまっただけでしょうかね。)。

小規模事業者としても、受託・請負(下請け業務)中心の収益構造に依存しきっていると、こういった施策の影響をマトモに喰らうことになってしまいますので、事業体としての成長度や段階に合わせて、上手く収益構造を調整(収益源の分散など)し続けていきたいところです。

【日本電産 残業ゼロへ1000億円投資 by ■CFOのための最新情報■】
http://blog.livedoor.jp/takeda_cfo/archives/2086327.html