2017年3月2日木曜日

何事も「基本」から入ることが大事だよね、というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/3/2)

皆様お疲れ様です。4月の年度初めに向けて新しいことが動いており、当初予想していたよりは暇になっていないにったです。

今頃は決算期が終わって時間が空いている予定だったのですがね…。仕事は嫌いではない(むしろ、ある程度楽しんでやっている)クチなので嬉しい悲鳴ではありますが、そろそろ一旦脳をリフレッシュしておきたいのも事実だったりします。

3月中旬に学生時代の友人の結婚式で遠出するので、そこまで今しばらく我慢といったところでしょうか。あと一踏ん張りしてまいりたいと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━
勉強などでは『まずは「教科書」をしっかりと押さえることが大事』ということが広く認識されているのに対し、俄然経営になると基本(=経営に関する知識)を押さえることが疎かになりがちというのが不思議なものだったりするところです。

「教科書」をしっかりと押さえている方が応用問題をこなすことはできますが、押さえていない方がそれをこなすことは難しく、また1度解けたとしても、何度も何度も連続的に解くことは極めて困難だと想像されますよね。

このあたり、経営でも同じことがいえるのではないかと僕は感じている次第であります。

「凡そ戦いは、正を以て合い、奇を以て勝つ。戦勢は奇正に過ぎざるも、奇正の変は勝げて窮むべからざるなり。」

まずは正攻法を学ぶというのが、経営者・事業者としての道の第一歩ではないかと常々感じております。

【独立を考えている人達に by 富裕層戦略 建築コンサルタントBlog】
http://ameblo.jp/hurdling/entry-12250477809.html


━━━━━━━━━━━━━━━
以前にも本ブログで軽くご紹介したことがある(ような気がする…)「無償の株式会社設立に必要な書類の作成ウェブサービス」ですが、弥生会計も同様のサービスを開始する模様です。
画面にある項目を手順に沿って入力するだけで、株式会社を設立するための必要書類が自動的に作成される無償サービスです。
株式会社設立自体にかかるコスト(金銭的なものだけでなく、時間・労力的なものも)もどんどん下がっていきますね。

このあたりのサービスは、十分に利益を出している小規模事業者(個人事業者)が法人化するなどといった場面で大いに使えそうです。

ちなみに、現時点では株式会社設立に関するもののみのようですが、その先に役員の重任登記などの株式会社運営に関するものへの対応も考えられているでしょうか。そのあたりの展開にも密かに注目しているところであります。

【株式会社設立に必要な書類が作成できるWebサービス「弥生のかんたん会社設立」サービス開始 by 時事ドットコム】
http://www.jiji.com/jc/article?k=000000026.000015865&g=prt


━━━━━━━━━━━━━━━
消費税が5%から8%へと増加した後、その3%増加分を報酬額に上乗せしていなかったために、実質的に消費税転嫁となってしまったケースの発覚が相次いでおります。

下記URL記事の事例で、当事者間でどのようなやり取りがあったのかは分かりませんが、仮に「3%分は上乗せしないでね」「分かりました」などといったやり取りが明確にあった場合は完全にアウトなんですよね。実際どうだったのでしょうか。

小規模事業者としても、発注側・受注側ともにあらためて正しい知識を復習しておきたいところです。

【支配人夫婦へ消費税据え置き、ホテルに是正勧告 by MBS】
http://www.mbs.jp/news/kansai/20170222/00000049.shtml
【消費増税分1億円を不払い=帝国データ、調査員報酬 by 時事ドットコム】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017022301177&g=eco