2017年3月25日土曜日

米国でフリーランサーが増加し続けている模様ですが、日本では果たしてどうなっていくでしょうか、というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/3/25)

皆様お疲れ様です。少々多忙だったことを言い訳に、しばらく本ブログの更新を途絶えさせてしまったにったです。

2016年度についての決算繁忙期は終わったのですが、その分2017年度業務が少々溜め込み気味になっているんですよね…。

このあたり、なるべく早い段階で追い付いておくと楽ということがありまして、ここ1週間ほどひたすら作業に邁進致していた次第です。

諸々さっさと片付けて、4月からまた新しいことなどに手を付けていきたいと存じているところであります。

━━━━━━━━━━━━━━━
米国の労働市場において、全労働者のうちフリーランサーの割合が35%に達したというデータが出ている模様です。
非正規雇用の拡大が所得格差の原因のひとつという意見も聞かれる中、6割が「フリーランスで満足。正社員にはなりたくない」と回答するなど、労働に対する価値観に変化が現れ始めている。
とのことで、国や地域を問わず「働き方」に対する価値観の多様化が進んでいるように感じるところです。

ちなみに、日本がこういった状況になるにはまだ時間がかかる(これまでの歴史に学べば、2020年~2025年頃に浸透してくる感じでしょうか)ものと思われますが、それでも政策的にフリーランサーを増やそうとしている流れもあります(※)し、今のところは同様の傾向で推移しそうに予測している次第。

小規模事業者としても、来る時代に向けて頭と心の準備をしておきたいところですね。

【米国でもフリーランスが急増? 拡大する「Gig Economy」とは by ZUU online】
https://zuuonline.com/archives/142175
(※参考)【フリーランス「有用な選択肢」=働き方改革で報告書案-経産省研究会 by 時事ドットコム】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017031001233&g=eco


━━━━━━━━━━━━━━━
財務省が「法人企業統計調査(平成28年10月~12月期)」の結果を公表したとのことです。

資本金1,000万円以上の法人のデータということで、小規模事業者(資本金1,000万円未満)は含まれていませんが、現時点での経済環境を読むにはなかなか参考となる資料となっております。

ザーッと読み流した限りの感想ですが、全体的にそれなりに堅調な数値が出ている模様ですね。多くの小規模事業者が「経済環境が良くなっている」と明確に実感するような状態になるまで、あと一息二息のところまで来ているのかもしれません。

【法人企業統計調査(平成28年10-12月期)公表~ 前年同期との比較結果は? by キムラボ ~ 旅する税理士・木村聡子のセルフコントロール研究所】
http://blog.kimutax.com/results-H28-10-12
【財務省 「法人企業統計調査(平成28年10-12月期)の結果」を公表 by ■CFOのための最新情報■】
http://blog.livedoor.jp/takeda_cfo/archives/2088668.html