2017年4月25日火曜日

企業会計のプロがてるみクラブの決算書を読み解くとこんな感じになります、というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/4/25)

皆様お疲れ様です。巷で話題の(…話題になっていますかね?)Mastodon、それなりに楽しんでいるにったです。

たしかにやらねばならない作業はたくさんありますが、職業柄、IT関係の新しいモノはとりあえず触っておかねばならないです(と思い込んでいます)からね…!(使命感

そういう訳でとりあえず最初の10日ほどをサクッと体感してみた身としては、
  • 各インスタンス(=サーバ)管理者の方々が、その運営に関しての法的な部分をあれやこれやと考察して「決定的なアウト」にならないよう試行錯誤していたり…
  • はたまた各インスタンス管理者の方々が、その維持のための金策に大奮闘されていたり…
などといったことを見るにつけ、「新しいサービスが作られていく感」みたいなものを1人勝手に感じて楽しんでいるところであります。

ちなみに、「分散型」という特徴(※)がTwitterやFacebookと異なること、また現時点ではいわゆる「イノベーター」や「アーリーアダプター」と呼ばれる層がユーザーに多いこともあり、ビジネス(広報や宣伝)に容易に使えるかどうかというのは懐疑的な感覚を持っていますが…。

(少なくとも、相当このシステムや現ユーザーの感覚・文化・雰囲気を熟知した上で動かなければ、逆効果となる可能性を大いに秘めているように感じております。)

もしご興味を持たれた方がおられましたら、ぜひとも「(何らかの形で)儲けられそう」的なスタンスではなく、まずは「純粋に独特の空気感を楽しむ」というスタンスで使ってみては如何でしょうか…などとゆるふわ零細小規模事業者として存じている次第です。

※「分散型」については、門外漢の僕が説明するというのもアレですので、こちらの記事などをご覧いただければと存じます。
【いまさら聞けない分散SNS Mastodon(マストドン)。誤解の多い連合タイムラインを解説 by Engadget 日本版】
http://japanese.engadget.com/2017/04/18/mastodonmst/


━━━━━━━━━━━━━━━
長く事業を続ければ続けるほど、外部環境の変化などにより、今現在の収益構造(財務構造)を変化させる必要がある場面が多くやってくるものです。

その時にどう変化させていくかというのは経営者・事業者としての腕の見せ所なのですが、旧来からの収益構造の中で無理やりにやり繰りをしようとしてしまったあたりが致命的な悪手になってしまったということでしょう。

小規模事業者としても、対岸の火事にするのではなく、他人の振り見て我が振り直せを心掛けたいところです。

【てるみくらぶ決算書から読み解く経営の問題点、企業会計のプロに一問一答で聞いてみた by トラベルボイス】
https://www.travelvoice.jp/20170403-86257


━━━━━━━━━━━━━━━
これまで「大企業だけのもの」という印象の強かった賃上げの流れですが、いよいよ(少なくとも大阪に関しては)中小企業の方にも波及してきた模様です。

様々な分野で人材不足が叫ばれる中、その獲得競争も激しさを増す一方ですね。

小規模事業者としても、必要な人材を十分に確保できるよう、事業構造や財務構造が健全な状態を継続させつつ、被雇用者が雇用者に対して求めることを的確に読み取っていきたいところです。

【大阪の中小企業「3割が賃上げ」…業績向上と人手不足で賃金アップ 信金調査 by 産経WEST】


━━━━━━━━━━━━━━━
トップにはトップの、ナンバー2にはナンバー2の、それぞれの役割があるものですが、その「方向」は同じところを向いていなくてはならないよね、といったところでしょうか。

小規模事業者でも、従業員がいたり、はたまた他社とチームやグループを組んで1つの事業を行ったりする中で、「トップ」と「ナンバー2」という概念が発生する場合が往々にして出てくるものです。

そういった時に大いに参考にしたいお話であると感じた次第であります。

【会社のステージによってナンバー2に求められることは違うと思う【ビジョン中本のナンバー2論】 by Morebiz+】