2017年4月4日火曜日

「法人化」と「節税」が完全にイコールになる訳ではないのですよ、というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/4/4)

皆様お疲れ様です。1つタスクを終わらせたら2つタスクが振ってくる(くらいの勢いの)にったです。

たまたま緊急の対応だったり、交渉の対応だったりーといったことが重なっておりまして、タスクの優先順位付けに悩む週となっております。

まぁ、優先順位付けさえ上手くやれれば普通に回る感じではあるんですけどね…という訳で、本日も粛々(&淡々)とタスクを捌いている次第でございます。


━━━━━━━━━━━━━━━
ひとえに節税のために法人化するということであるならば、諸々かなり緻密に計算しておかなければ、逆に負担増となってしまうケースが多々あるので注意したいところです。

そういう訳で、上記目的で法人成りされる方に関しましては、自分1人で全てやるというのを僕はあまりオススメしておりません。

ぜひとも、社会保険料(=健康保険+年金保険)も含めた予測をしてもらえる税理士の方にご相談いただければと存じる次第です。

【「ある程度儲かったら法人化」も大間違い! by ビーカイブ】
http://b-chive.com/business/company-management/hanbun07.html


━━━━━━━━━━━━━━━
僕の感覚としては、フリーランス(=個人事業主)の「失業」をどう定義付けるかという点がかなり難しい気がしているんですよね。

そういう訳で、下記URL記事でも指摘されているとおり、多くの方が想像するような形での「フリーランス失業保険」の創設というのは、現時点では可能性が低いのではないかと存じているところであります。

【「フリーランス失業保険」が2018年度にスタートするって本当?by 保険ジャーナル】
http://hokensc.jp/news/20170324/


━━━━━━━━━━━━━━━
個人事業主にとってかなり使いやすい(と僕は思っている)会計ソフト、「みんなの青色申告」シリーズの最新版が、各種金融機関の利用明細の自動取り込みに対応する模様です。

もはやクラウド会計ソフトでは当たり前となっているこの機能ですが、ローカル型の会計ソフトでも採用されていく流れとなりそうですね。

諸々、従前よりもどんどん便利になっていく点、率直に大歓迎しているところであります。

【明細の自動取り込み対応、個人事業主向けに設計された会計ソフト「みんなの青色申告18」by Impress Watch(窓の杜)】
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/review/1051053.html