2017年4月9日日曜日

中小企業庁が「フリーランス(個人事業者)向け施策ツールまとめ」ハンドブックを公開していますね、というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/4/8)

皆様お疲れ様です。鹿島アントラーズの敗戦(の内容)に不満不満アンド不満、気付けばブログの更新が1日遅れていたにったです。
まぁ、この1ツイートで言いたいことはだいたい完結してしまっているので、これ以上特に言うことはなかったりもするのですが。

とりあえずまた次節から気を引き締めてやっていくのみ、ですね。今はとにかく上位から引き離されず、付いていってくれれば…と願うのみなのであります。


━━━━━━━━━━━━━━━
中小企業庁が、フリーランス(個人事業主)が利活用できる公的な(半公的なものを含む)制度や場所を一纏めにして紹介する内容のハンドブックを公開しています。

ザーッと読んだところですが、目的別(個人事業者が知りたいこと別)に紹介されているという点、個人事業者が困った時に使う分に良い資料となっているように感じております。

じっくり読み込む類のものではないですが、「とりあえずダウンロード」しておいて損のないものだと存じる次第です。

【フリーランスが利用できる施策ツールを1冊にまとめました by 経済産業省】
http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170327001/20170327001.html


━━━━━━━━━━━━━━━
ザーッと読んだ限り、それほど中身が濃い訳ではないものの、事業承継についてこれから本格的に考えようという段階の経営者にとってはその取っ掛かりとしてなかなか良い資料になっているものと感じます。

どういったことに手を付ければよいのかイメージできないという方など、ぜひご覧いただければと存じる次第です。

【事業承継に関するパンフレット「会社を未来につなげる-10年先の会社を考えよう-」を公表します by 中小企業庁】
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/2017/170327shoukei.htm


━━━━━━━━━━━━━━━
かねてから導入の議論がなされていた「法定相続情報証明制度」ですが、5月下旬からの開始という形で決定した模様です。

こちら、相続手続きの一定の効率化・簡素化は見込めそうですが、「法定相続情報証明(書)」を得る過程でどうしても戸籍を読み解くなどの作業が必要になりますから、「専門家完全不要な世界」まで行くのは難しそうだなぁ、という感覚を持っているところです。

【相続手続き簡素化、5月開始 戸籍情報を証明書1通に by 日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H03_Y7A320C1EAF000/