2017年7月11日火曜日

最低限の経営知識は事業を行うならば「基本」となるものですよね、というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/7/11)

皆様お疲れ様です。例年同様、夏バテにもがき苦しむにったです。

ひと汗かききって身体が暑さに慣れてくれば大丈夫なのですが、歳を取れば取るほどその慣れるまでの時間が長くなっているような気がしますね。

という訳で、しばらくは上手く凌ぎながら諸々作業を進めてまいろうと思っております。


━━━━━━━━━━━━━━━
では、何を勉強すればいいのか。私が必ず必要だと思うのは、リーガル、英語、会計(アカウンティング)の3つです。この3つだけは外せません。これらの基本的なことがわからなければ、これからのビジネスにおいて経営者は生き残ってはいけません。
大企業だけでなく、小規模事業者や中小企業の経営者にも同じことがいえると感じているところです。

【カルビー会長が説く今すぐ学ぶべき3分野-偉くなりたいなら本を読みなさい by PRESIDENT Online】
http://president.jp/articles/-/22182


━━━━━━━━━━━━━━━
被雇用者の話としては概ね「せやね」の一言ですね。ただし、小規模事業者として自ら事業を営んでいるエンジニアには同じことは言えず、「関心」レベルでは足りないものと考えます(まぁ、当然ですよね。)。

そういう訳で、我々小規模事業者にとっては、「人を雇う時に参考にしたいお話」といったところになりそうです。

【エンジニアは数字を意識するべきか by @IT】
http://el.jibun.atmarkit.co.jp/101sini/2017/06/post_47.html


━━━━━━━━━━━━━━━
IT系ではここ数年で一般に定着してきているサブスクリプション型(※)のサービスですが、他の業種では(特に、対個人に対するものとしては)まだまだ少ないというのが現状ですね。

そういった中で、飲食店(カフェ)という業態でこのサブスクリプション型にチャレンジする店舗が出てきたとのこと。

小規模事業者(IT・非ITの別に限らず)としても、最終的にサブスクリプション型のサービスを持つ(=「予測可能な売上」を持つ)ことは大変重要なことですから、今回の例に限らず様々にチャレンジしていただければと存じるところです。

※サブスクリプション(型)=利用期間に対して支払う形の料金体系。

【月額制飲み放題システム導入に挑戦!ハンデルスカフェが横浜にオープン by ニュースウォーカー】
https://news.walkerplus.com/article/113391/