2017年7月2日日曜日

自分が今いる段階に合わせた動きを行うことが大事ですね、というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/7/2)

皆様お疲れ様です。珍しくこの時期に体調不良モードになっているにったです。

25歳を過ぎてから「24歳までは仕事してても勝手に快復してたのに、さすがにそれは難しくなってきたかぁ…」などと思っていたのですが、いよいよ30歳を過ぎて「安静にしてるのになかなか治らん…」となっております…突然ガクッとくるものなのですね。

気持ちはまだまだ大学卒業後数年といった感覚なのですが、いよいよ「体に優しく」を求められるようになってきている事実を実感しているところです…。


━━━━━━━━━━━━━━━
「1人」で生み出せる金銭的価値としては、生産性(業務効率)を極限まで高めた上で業務時間を極限まで長くした場合でも、「年収2000万円」が限界であると言われております。

ですから、
つまり、フリーで年収を上げるには「まずは効率化を図り、仕事のスピードを上げよ」→「他人に頼り、仕事量を増やせ」の2段階で最初の数年間は劇的に年収を上げることができるようになります。
というのはまさしくその通りだと考える訳です。

まずは労働集約型事業で財務基盤を確保し、その後知識集約型や資本集約型の事業へと進化させていく―ということが小規模事業の基本的な流れです。

そういったあたり、「フリーランスというのは個人事業者であり、それ以上でもそれ以下でもない」ということを改めて認識していただればと願ってやまないところであります。

【フリーランスで年収が60万→400万→800万に上がった経緯 by マネーポスト】
https://www.moneypost.jp/160185


━━━━━━━━━━━━━━━
ネット通販(ひいては、インターネット利用者)との兼ね合いもありたまたま脚光を浴びた(?)のがヤマト運輸であっただけで、労働集約型事業者における労働環境の改善に関しては多くの業種で同様の課題があるものと認識しております。

ちなみに、小規模事業者では「低賃金」「長い労働時間」あるいは「残業等に関する違法行為の慢性化」あたりで課題を抱えていることが多いでしょうか。

今後、人材獲得競争はますます激化することが容易に想像されます。このあたりの課題解決のために残された時間はそれほど多くはないものと感じております。

【ヤマトの27年ぶり宅配便値上げ-浮き彫りになる構造問題と課題 by Bloomberg】
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-06-12/OREPVX6S972801