2017年7月31日月曜日

「確証バイアス」って知っていますか?というお話など:経営管理&財務情報の仕入帳(17/7/31)

「確証バイアス」について簡単に説明されている記事です。

この方は投資家の方なので株式のトレードを例にして説明していますが、投資家だけでなく、経営者や事業者であっても同様の行為を往々にしてやってしまうものではないかと感じている次第であります。

(例えば財務だと、出てきた数値を自分に都合よく解釈したり、そもそも数値を出す過程で自分に都合よくいじったり…などといったことが挙げられますね。)

意思決定(また、そのための情報収集や分析)の際には、自分自身が確証バイアスにかかっていないかどうか、その都度チェックしていきたいものです。

【大含み損の心理。 by 休むも相場。】
http://araizumic.blog.jp/archives/2747973.html


━━━━━━━━━━━━━━━
いくら技術や実績があったとしても、その技術が売れなければ売上や利益はあがらない訳で、そういう意味では「顧客がいるかどうか(または、顧客がつきそうか)」という点が重要であるという筆者の意見に賛同するところではあります。

ただ、それは第一段階(事業開始当初)のお話で、結局は何らかの技術を持ちそれに伴った実績を蓄積していかなければ、「一旦得た顧客が離れていく」ことになってしまいます。

ですので、決して「営業提案がひたすら上手ければそれだけで食べていける」という誤解のなきよう願う次第です。

ここからは余談ですが、
ちなみに、独立してうまくいかないタイプは、自分のやりたいことが強すぎる人、自分のスキルについて過剰に自信を持っている人である。
という点も、僕の拙い経験上ではその通りになっている方が多いように存じます。

小規模事業者としては、「自分のやりたいこと」や「自分の中で自信のある技術」を上手く「市場での需要」と擦り合わせていきたいところであります。

【「スキル」「実績」がなくても独立できる人とは?  by ITmedia ビジネスオンライン】
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1707/21/news017.html


━━━━━━━━━━━━━━━
米国ITベンチャーの「やりがい搾取(※)」について、その実態を見てきた筆者が意見を述べている記事となっております。

※自社の社員(特に、若い社員)の仕事に対するやりがいを、耳障りの良い言葉を用いて上手く高めはするものの、賃金や労働環境などといった基本的な労働条件は最低レベルしか提供せず、そういった社員をただひたすらに疲弊させていくことを指しています。

この「やりがい搾取」ですが、決して米国ITベンチャーだけに起こっているものではなく、日本でも(意識的か無意識的かの別を問わず。また、大企業か中小企業の別も問わず。)多く見られるように感じます。

僕としては、「夢」だとか「やりがい」というのは各個人の胸の内からふつふつと湧いてくるものであって、他人(経営者や管理者など)から言われて想起するものではないように思うんですよね。

そして、そういったものが想起されるのは「十分な生活」ができているからこそであって、社員の基本的な労働条件も満たすことができていないにも関わらず「夢」や「やりがい」に焦点を当てるというのは、詭弁と言っても過言ではないように感じてしまう次第なのであります。

『「夢」や「やりがい」を持て』と社員に説教する前に、基本的な労働条件を十分に満たせているか?』、経営者・事業者としては常に留意していたいところです。

【米国ITベンチャー「やりがい搾取」の実態 - 若者を雇う理由は「安いから」 by PRESIDENT Online】
http://president.jp/articles/-/22607


━━━━━━━━━━━━━━━
経営者や事業者が引退についてのアレコレを考え始める際には、まずはじめに、既に「子が跡を継ぐのが自然な流れ」という時代ではなくなっており、「子には子の、やりたいことや人生(設計)があるのだ」ということを理解する必要があると考えております。

その上で「じゃあ、どうするのか?」というのが"事業承継"のスタートではないかと感じる次第なのであります。

【年間7万社が後継者不在により廃業。日本の町工場も例外ではない by HARBOR BUSINESS Online】